介護の仕事なら40代の転職でも大丈夫?

40代での転職は、特別な資格やスキルがないと厳しいと言われている。しかし年齢、未経験など関係なくでもなれる職種がいくつかあり、そのうちのひとつが介護職である。進む一方である高齢社会に加え、介護職は慢性的な人手不足と言われ、常に人材を求めているのが現状だ。ブラック系と言われている介護職だが、職場によっては日勤、シフトと働き方が選べて、残業も少ないところもあるので、求人の情報収集や人材派遣会社などに登録して面接前にいろいろと職場の環境を調べる必要がある。
そして未経験者としてスタートすると給料が安いというデメリットがあげられる。しかし介護職の現場では、働いて仕事を覚えながら介護に関する資格所得をすることもできるのが特徴だ。介護福祉士、社会福祉士、ケアマネージャーなどの資格を所得すれば管理職などの地位に就け、収入をアップすることが可能なのだ。資格所得の試験を受けるためには費用が必要だが、中には費用を全額出してくれる職場もある。
しかし介護福祉士、社会福祉士は国家試験であり、国による資格の改定が何度も行われているのが特徴だ。それにより合格するための難易度がアップしているのが難点だが、合格すればキャリアアップをすることができ、将来的には介護施設の施設長にまで昇進することも夢ではないのだ。もちろん40代の未経験からのスタートは楽ではなく、離職率も高い介護職という仕事だが、1年以上努力をすれば、スキルアップや収入アップをすることができる職種である。

2018年7月
     
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

HOT TOPICS

タグ

アーカイブ

カテゴリー