介護業界に転職するときのコツ

年齢を重ねてからの転職は若い世代に比べてハードルが高くなる。ハードルの高さは企業側に人材育成にコストを掛けるメリットが少ないと判断されてしまうのが主な理由だ。特に40代に差し掛かってからの転職では業種選びが重要となる。いくつかある業種の中でも比較的採用されやすいのが介護業界だ。介護業界は高齢者人口の増加に伴って需要が増えているのに対して人材の絶対数が足りていない。慢性的な人手不足に悩んでいる事業所も多いため、年齢やキャリアを問わず積極的に採用する傾向がある。
ただし、介護業界の仕事は勤務する事業所によって求められる役割が違うので注意が必要だ。サ高住を始めとした要介護者が生活をする施設では、24時間の見守りが必要なのでシフト勤務が基本となる。つまりは夜勤があるのだ。夜勤は勤務するスタッフの人数が限られているので必然的に一人ひとりの責任も大きくなる。未経験者にはハードルが高めだ。人手不足であっても経験のなさで採用を見送られてしまうケースもある。日勤のみのデイケアなど働きやすい場所を選ぶことがスムーズな転職を実現するコツである。
40代の転職は将来性という武器が使えない分、20代よりも採用率が低くなる。面接では過去の仕事で得た経験や自分だけの強み、仕事に対する熱意などをアピールすることが大切だ。年齢を重ねていることで面接官が自分より年下になるケースも少なくない。相手が誰であれ謙虚な態度でいることが採用率を高める秘訣となる。

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

HOT TOPICS

タグ

アーカイブ

カテゴリー